パート薬剤師求人

パート薬剤師 志望動機

志望動機は重要な評価ポイント

以前、人事の仕事をしていた頃に、様々な志望動機を見てきました。正社員、アルバイト、パートそれぞれで履歴書(職務経歴書)の評価ポイントは変わりますし、面接時の質問も変わりますが、共通しているのは「志望動機が大切」ということです。

住所や年齢、職歴などは、どの求人に応募しても変わりませんよね。しかし志望動機は求人ごとに内容が異なるでしょうし、逆に同じ内容では不自然です。

もちろんベースは同じだと思いますが、応募する調剤薬局や病院、ドラッグストアごとに変化を付ける方が自然ですし、普通に考えて記載内容は変わりますね。

たとえば良く買い物に行くドラッグストアなら、

「系列店の中で良く利用しているドラッグストアですし、パート薬剤師として働かせて頂きたいと思いました」

のような一言を志望動機に含めるかどうかで、採用担当者の印象が変わることがあります。それは調剤薬局(漢方薬局)や病院も同じですね。

他に医療品卸会社や物流センターでも薬剤師パートが募集されることがありますが、基本的な考えは変わりません。ドラッグストアや病院、薬局のように身近な職場ではないかもしれませんが、その求人ごとに情報収集を行った後、志望動機を考えるようにして下さい。

ただし虚偽の内容は避けて下さいね。利用機会がないドラッグストアにもかかわらず、「店内がキレイで印象が良く…」という内容は不自然ですし、そのようなあからさまな虚偽に関しては、採用担当者も簡単に見抜きますよ。

薬剤師パートの志望動機の考え方

志望動機を考える上で、あくまでもベースにあるのはあなたの想いです。

を大切にしながら、ポジティブな志望動機を伝えるようにして下さい。

もし「他の薬局よりも高時給で募集されているから」という理由だとしても、そのまま志望動機に含めるのは避けましょう。

本音は高時給が理由でも、その辺りはアバウトにする方が印象は良いと思います。外国は違うのかもしれませんが、日本では「お金だけが志望動機なの?」と思われ、あなたの印象が悪くなる可能性がありますので。

自分が採用担当者なら、この志望動機を読んでどう感じるか?を考えると良いですね。その視点があれば、どの部分をふくらまし、どの部分を削れば良いか自然に分かるはずです。

前述したように、志望動機、自己PRの根底にあるのは、あなたの想いなので・・・

などの印象を抱いたなら、それをベースに考えるのが第一歩です。

また、薬剤師紹介会社を利用することで、志望動機の具体的なアドバイスを得られますので、まずは無料登録からはじめてみて下さいね。自分ひとりで練るよりも、サポートを受けながら考える方が、客観的な志望動機になりますよ。