パート薬剤師求人

薬剤師パートの時給

薬剤師の時給相場はどれくらい?

薬剤師パートとして働く際、最も気になるのが時給ではないでしょうか?高時給と低時給の2つの選択が可能な場合、あえて低時給の求人を選択しないですよね。

もちろん、高時給でも仕事内容がハード過ぎたり、パートなのにサービス残業が多い薬局やドラッグストア、病院は避けたいところです。しかし基本的に時給の良い職場を選びたいですし、そのためには薬剤師パートの平均時給を知ることが大切ですね。

確定的な平均データは見つかりませんでしたが、薬剤師紹介会社で募集されているパート求人の内容から、ある程度知ることが出来ます。

たとえば東京なら、薬剤師パートの時給が2,000円を下ることは少ないですね。時給2,000円~2,500円以上で募集されるケースが多いです。他にも千葉、横浜、名古屋、大阪、福岡のような人口の多い都市は、平均時給も高めと言えます。

逆に人口が少ない地方の市町村では、大都市よりも低い平均ライン(時給1,500円前後)の募集もありますね。しかし突発的に高時給で薬剤師パートが募集されやすいのは地方です。時給4,000円以上の求人が出たり、中には時給6,000円の薬剤師パートが見つかることもあります(レアケースではありますが)。ちなみに時給6,000円の薬剤師パートは、過去に函館市で募集されていましたね。

他にも北海道の地方都市(釧路市や旭川市)で時給4,000円を超える薬剤師パートが募集されたり、富山や和歌山の薬局で高時給のパート求人が見つかることもありますので、地方在住の薬剤師さんも積極的に仕事を探してみて下さい。

ここまでをまとめると以下になります。

東京や大阪のような大都市は、安定的に高時給の薬剤師パートを見つけやすい。それに比べて地方都市は若干、平均時給が下がるけれども、突破的に高時給で募集されることもある。

職場ごと、薬剤師の平均時給

次に職場ごとの平均時給に関しては、調剤薬局や病院よりも、ドラッグストアの方が高いようです。そうは言っても1,000円単位で差が付くわけではなく、200円~300円上乗せされやすい傾向にありますね。薬局や病院の薬剤師パートにも高時給の案件はありますが、全体的な印象としてドラッグストアでしょうか。

ドラッグストアは土日祝日にお客さんで混み合いますし、仕事内容に関しても、レジ打ち業務もあれば陳列作業もありますから、高時給で募集されやすいのかもしれません。

夕方~夜間まで営業しているドラッグストアや24時間営業の店舗もありますし、日勤だけでなく夜勤求人もあるので、ドラッグストアの方が高時給と言えるでしょう。

いずれにしても、まずは薬剤師紹介会社への無料登録からはじめてみて下さい。常勤の正社員だけでなく、非常勤パートの薬剤師求人が豊富な紹介会社を利用すれば、早期に仕事が見つかることもありますよ。