家庭、育児と両立

看護休暇制度あり、薬剤師の職場

子育てしながら薬剤師の仕事を続けやすい調剤薬局など

お子さんの体、強いですか?病気がちだと大変ですよね。

もちろん、具合が悪い子供が一番辛いのだと思いますが、親も仕事を持っていると休んだり早退したりといった事が増えますから、負担も大きいです。長期の休みが必要になった場合など、有給も不足し最終的には退職せざるを得ない場合もあるでしょう。

子供の病気の際、「看護休暇」があるととても助かるんですね。あなたの今の職場、もしくは以前の職場には看護休暇はありましたか?

もしこれから復職にあたり、育児と両立しやすい働きやすい職場を探したい、というのであればこの「看護休暇」があるかどうかも着目してみてはいかがでしょうか。子供の看護が必要な時に休みが取得できるのは、とてもありがたいものです。

全然病気のしない子で、というママさんも周りにいますけれど、インフルエンザや風邪など、どうしても罹ってしまう事はあります。子供の流行病には自宅待機期間が必要な病気もありますから、こうした看護休暇があるとその時は凄く助かりますよ。

看護休暇制度ありの調剤薬局には、

などが知名度の高い所としてあげられるでしょうか。(各企業の休暇制度は変更の可能性もありますから、都度最新情報を得る事が必要です)

育児しやすい職場を希望される場合、こうした看護休暇があるかどうかも、情報収集してみてください。

調べた企業の多くは、看護休暇がある場合には、育児時短制度もあったり、産休・育児休暇の取得率も高い傾向があったりと、育児しやすい環境である場合が多いです。

仕事と育児の両立をするには、職場環境、働きやすさはものすごく大事ですよね。こうしたママ薬剤師が働きやすい調剤薬局、薬剤師求人探しを希望される方は、情報収集がしやすい薬剤師業界に特化した薬剤師紹介会社の活用を検討してみてください。

といった薬剤師紹介会社には多くの育児と両立しやすい調剤薬局の情報が集まっていますから、ご自身で探すよりも早くより多くの情報を提供してくれます。

もしこれから復職先、転職先をお探しになるのであれば上記のような薬剤師紹介会社を活用してみてください。

出産後のママ薬剤師の働き方

出産後の薬剤師としての働き方に悩むママ薬剤師の方はとても多く、働き方を見直す方は多いですよね。正社員からパートへ切り替えたり、子供がある程度大きくなるまで育児に専念する、というママ薬剤師の方もいらっしゃいます。

特に正社員として両立を目指す場合には、職場の育児への理解が欠かせません。その一つの目安、基準が「子育て中、ママ薬剤師の勤務人数」です。薬剤師求人を調べる際には、この点についても薬剤師紹介会社に確認してもらうと良いでしょう。

他店舗展開をしている調剤薬局も増えています。勤務されている方も多いと思います。自宅近くの店舗へ移動させてくれて、その後はしばらく店舗異動無し。残業無し、勤務薬剤師として働かせてくれるなど、育児と両立しやすいように考慮してくれると働きやすいですよね。

土日もできる限り休めるようにシフト作成を行ってくれると助かりますね。子供が1人、2人、3人と増えるにつれて、育児は忙しくなっていきます。

特に3人お子さんがいらっしゃる場合、年子で産まれていると超忙しい!と思います。2人の時は楽だったな・・・と思う事もあるのではないでしょうか。上の子が年が離れていて、兄妹の面倒を見てくれると楽なんですけどね。長男、長女によって面倒見は違うのかな?という気はしますね。

我が家は長男ですが、あまり下の子の面倒は見てくれませんから、親は今でも大変です。ママ友の家は長女ですが、下の子のお世話をせっせとしてくれるので、とっても楽!と言ってました。やっぱりそういった面倒見の違いは男の子、女の子であるのかなと思っています。

子育ての環境、忙しさはご家庭によって違うでしょう。ママ薬剤師として、仕事に家事・育児に頑張る方をバックアップしてくれる職場選びをする事は、とても大切。理解ある職場探し、先ほどご紹介したような薬剤師紹介会社をぜひ活用してみてください。