家庭、育児と両立

薬剤師 共働きはパート勤務がやっぱり楽?

共働き家庭、育児と両立するには薬剤師パート勤務がやっぱり楽

ご夫婦で薬剤師のお仕事をされている場合、お互いの仕事の大変さというのがよく理解できると思いますから、働き方に関して相談し合う事も多いのでは、と思います。

勤務先によっては残業も多いですし、シフト勤務の場合や年中無休の調剤薬局、ドラッグストアチェーンなどで働いていると、家族が一緒に過ごす時間もあまり取れなくて不満になっているかもしれませんね。

外から見ているとあまり患者さんがいなくて暇そうな調剤薬局であっても、介護老人保健施設などから大量の薬の一包化を受けていたりといった事もありますしね。

実際に働いてみて分かる事もありますから、実は転職したいと思っている場合もあるかもしれません。たまに仕事について話し合うのは、大切な事かなと思います。

共働き家庭の働き方、特に出産後、育児と両立しながらのママ薬剤師の働き方についてですが、どういった働き方を選ばれる方が多いでしょうか。

薬剤師の退職理由としても多いのですが「結婚、出産、育児のため」に一旦は離職されて、育児など生活が落ち着いてきたので復職しようかな、とお考えになっている方もいらっしゃると思います。

実際には仕事は続けたいと思っていたけれど、この職場では両立は難しい・・・と言うことで退職される方は多いですよね。

やはり子育てと両立しながら働く、というのは大変な事です。あまり頑張りすぎると、母親が倒れてしまう、というのが実感です。

最初は昼夜の時間間隔も無く泣いて、授乳して、オムツを替えて・・・たまに熱を出したり、吐いたり、発疹が出たり、かぶれたり。寝ない時って寝ないですよね。やっと寝た!と思っても2,30分でフニャフニャ泣いて起きてしまった時のガッカリ感と言ったら・・・

お子さんの体の強さ、肌の強さなども関係してきますが、もうとにかく毎日忙しい!というママさんも多いのではないでしょうか?さらに年子で上の子がいたり、双子だった場合にはもう超を何個も付けたいくらい忙しい日々ではないかと。

とはいえ、ずっとその忙しさが続くわけでは無く、やはり1歳くらいから少しずつ、育児が楽になってきたかな、と思える日が増えてくるのではないかと思います。

復職のタイミングは色々、パート薬剤師として無理なく復職

子育てが少し落ち着いたら、経済的な事もあるし出来るだけ早く復職しようとお考えになっているママ薬剤師の方も多いでしょう。

それにあまりブランクをあけると、やはり不安も大きくなる方は多いです。日々、働くからこそ知識も維持できますし、特にブランク期間が空くと調剤に関しては不安が大きいのではないでしょうか。

「少しずつ無理なく復帰したい、子育てと両立して働きたい」といった場合、やはり体力的、気持ち的に楽なのはパート薬剤師としての勤務かなと思います。

パート薬剤師求人の中には、

といった事で募集を行っている調剤薬局、ドラッグストアも多数あります。

自分たちにとって無理なく働く事が出来る勤務条件はどういった感じか、ご主人の仕事の状況も考慮して決めていく必要があるかなと思います。

ご両親が近くに住んでいたりした場合、育児に協力してもらえるのであれば預かってもらって、割と長くパート勤務できる場合もあるかもしれませんね。

託児所・保育施設ありの薬剤師求人も、求人数は少なくはなりますが存在しますので、必要に応じて薬剤師紹介会社に紹介してもらうと良いでしょう。